cafe onnsaya(オンサヤ)

「毎日、コーヒーで目を覚まし、コーヒーで疲れを癒し、コーヒーで一日を振り返る。そんな毎日をonnsayaと。Everyday is good day!」と、ミュージシャンでもあるオーナーはいう。こちらでは、「MOANIN」「SUNNY」「AFTER HOURS」朝、昼、夜とそれぞれのブレンド珈琲豆が購入でき、種類にもオリジナリティを感じる。そのほか、コーヒーを淹れるための道具も厳選されたものが販売されているのです。


自身もバンドボーカルとしてたびたびライブも行うアーティスト、ということもあってかなかってか、お店では「バンバンバザール」や「吾妻光良」「ブルームーンカルテット」「カルメラ」など、ノリのよいバンドがライブしにきているのだ。ちなみに私は「カジヒデキ」と「オオハタユウイチ」それぞれ来岡のときに行きました。楽しかったな~。

店内はアンテーィクのソファや椅子にテーブルなどがゆったりと配されているので、すごく落ち着きます。

d0219992_21253157.jpg

しかも、奉還町商店街内という立地からか、お客さんの層も様々。散歩中のおじさんや学校帰りの大学生、近くの店のおにいちゃん。それぞれが、オンサヤの珈琲を飲んでいます。

d0219992_212669.jpg

ちょうどこの日は、近くのミニギャラリー「サテライト」にて、イラストレーターのムラタ有子さんのアートの展示が行われていたので、ついでに、コーヒーを飲みに寄りました。


なにかと、お邪魔してしまうカフェです。


「cafe onnsaya(オンサヤ)」

岡山市北区奉還町2-9-1
TEL086-252-1003
営11:00~23:00(OS22:30)、日曜は~19:00(OS18:30) 
※週末などイベントや貸切予約の場合もあり
休不定
Pなし
http://www.onsaya.com/
[PR]
# by nancafe | 2011-03-12 21:26 | 岡山市 | Comments(0)

モンプリュ(神戸)

いまや神戸を代表するカフェ「モンプリュ」。元町界隈を歩いていると、、白い雲が浮かぶ青空模様のショッピンバッグを手にした人をよく見かけるぐらい。

d0219992_16262913.jpg

オーナーシェフパティシエの林周平さんは、フランスの「ジャン・ミエ」などで修行し、帰国後は、ホテル・パティスリーの製菓長を務めた人物。特にメレンゲが得意で、スペシャリテでもある、「ヴァランシア」をはじめ、「ベルガモット」や「ムラングシャンティイ」などがおすすめです。

d0219992_16265138.jpg

ティラミス好きのわたしは、洋菓子店流の「ティラミス」をいただきました。コーヒーの味がしっかり効いていて、上にのったコーヒービスキュイのそぼろとエスプレッソの粉のほろほろとした食感が、イタリア料理の店やエスプレッソカフェでいただくものとはちょっと違い、新感覚。

土曜、日曜ともなれば、列をなす店内。待つのはちょっとと思うかもしれないけど、できれば、イートインしていただくことをおすすめします。美味しいケーキは一番オイシイ状態でいただくのがいいのでね。お昼ご飯軽めで、早めのティータイムに訪れるのがおすすめ。

d0219992_11474655.jpg

ガトーフレーズを持ち帰り。スポンジのしっとり加減が絶妙。こういう、スタンダードなケーキもあなどれません。


「mont plus(モンプリュ)」

神戸市中央区海岸通3-1-17
TEL078-321-1048
営10:00~19:00
休火曜
http://www.montplus.com/index.html
[PR]
# by nancafe | 2011-03-12 16:26 | 兵庫県 | Comments(0)

The MARKET(マーケット)

マルゴ」や「maimai」などの前身となる店、「マーケット」。

d0219992_15422655.jpg

1998年のオープンから今まで、オーガニックをキーワードに街カフェとしてなじんでいる。なので、新しくオープンするカフェ情報で、「マーケット」や「maimai」出身と聞くと、なぜか安心する。全粒粉を使ったパンや、そのパンを使ったサンドイッチ、ビスコッティやスコーンなどの焼き菓子もオーガニックなので、他の店のものとは少し異なり、ザクザクしている。個人的には、ココナッツスフレが好きです。飲み物もコーヒーからフレッシュジュースまで、有機的だ。

d0219992_15424482.jpg

長居というよりは、ちょっと疲れたから立ち寄ろうかなぐらいが正解。




「The MARKET」

岡山市北区奉還町1-12-14
TEL086-255-1100
営11:00~19:00
休第一火曜
http://www.themarket.co.jp/market/
[PR]
# by nancafe | 2011-03-12 15:42 | 岡山市 | Comments(0)

日本茶好きならば、一度は訪れたい「一保堂」。

d0219992_23413481.jpg

こちらの喫茶室、「嘉木」にてゆっくりとお茶をいただきました。この頃、少しだけ日本茶の淹れ方を習っていたので、いい茶葉を購入したいなと思っていたのです。

今回は、薄茶と生菓子と特上玄米茶のセットを注文。

d0219992_23415621.jpg

笹屋守栄の生菓子はツルっといただきやすく、薄茶のほうは、さすがお茶屋さん、最後の一滴まですっきり飲みやすいのです。

d0219992_23421168.jpg

玄米茶は、ニ煎、三煎と自分で煎れるので、ポットと置き時計もいっしょにでてきます。いちお、煎れ方は教えてくれるので安心です。玄米の香ばしさが香り、たまりません。

「一保堂」のお茶といえば、デパートの食品売り場に置いてあったりもしますが、本店で買うのとは全然違います。まず、楽しい。一歩店に踏み込んだ瞬間、タイムスリップしたような感覚を覚えます。京都って、もともとそんなお店が多いんですけどね。試飲させてくれることもあります。私が訪れたときは、水出しの麦茶を出してくれました。もちろん、感激した私はうちに買って帰ったのですが、なぜかお店で飲んだもののほうがおいしい。きっと、ここの雰囲気(もちろん熟練のスタッフさんの淹れ方もあると思いますが)が、お茶の味を際立てたのでしょう。


「一保堂茶舗 喫茶室 嘉木(いっぽどうちゃほ きっさしつ かぼく)」
京都市中京区寺町二条上ル常盤木町52
TEL075-211-3421
営11:00~17:00
休なし
Pあり
http://www.ippodo-tea.co.jp/index.html
[PR]
# by nancafe | 2011-03-11 23:50 | 京都府 | Comments(0)

甘味処 栖園(京都)

キラキラ輝く宝石のような寒天冷菓子「琥珀流し」が食べたくて、行ってみました。

明治18年創業の和菓子店「大極殿」が併設する甘味処。写真にはないのですが、季節ごとに変わる「大極殿」の暖簾もとっても素敵なんです。

d0219992_1219243.jpg

そう、この「琥珀流し」も季節ごとに蜜が変わるのです。4月は桜蜜、5月は抹茶小豆蜜、6月は梅酒蜜、7月はペパーミント、8月は冷やし雨、9月は葡萄、10月は栗、11月は柿、12月は黒豆。ちなみに1、2月はお休み。3月の桜蜜を心待ちにするのです。私が訪れたのは7月だったので、プルプルの寒天にペパーミントの蜜とソーダ水がかかっておりました。夏にぴったり、さわやかなお味。せっかくなので、わらびもちとのセットにしました。わらびもちにはお好みで、黒蜜をかけてもよしなんです。

帰りはもちろん、「大極殿」でお土産にカステラを買うのが定番でしょう。


「甘味処 栖園(せいえん)」

京都府京都市中京区六角通高倉東入ル南側堀之上町120
TEL075-221-3323
営10:00~18:00(OS17:45)
休水曜
[PR]
# by nancafe | 2011-03-11 12:19 | 京都府 | Comments(0)

スーリィ ラセーヌ

私の誕生日ケーキは決まってこちらの「苺のショートケーキ」なのです。

d0219992_1011227.jpg

お店は県庁通りを、まさに県庁にむかって歩き、途中この看板が見つかったら、南に少し入ると甘~いお菓子の香りががしてきます。キョロキョロしながら歩くと、すぐにお店は見つかります。

d0219992_1011452.jpg

フランス風のかわいい建物が見つかったら、そこが「スーリィ」。

お店には、ショートケーキをはじめ、クドゥクール、シャンプノワーズ、アルモニーなどのチョコレートケーキ、ミルフィーユはクリームをその場で入れてくれます。

d0219992_10125100.jpg

ちなみにイートインも可能。そして私はもちろん苺のショートケーキ。生クリームのうえに苺ジャムのようなものがぬってあり、何とも言えない口当たりなのです。冬から春にかけては、この苺なのですが、夏になるとオレンジに変わります。


「スーリィ」のケーキの美味しさには、オーナーパティシエの安原さんにあると思います。フランスでの様々な経験をしてきたからこそ、これらのケーキや焼き菓子、そして、お店がうまれたのではないでしょうか。ゲストへのワクワク感を誘うケーキたち、これからも作り続けてほしいです。



「スーリィ ラセーヌ」

岡山市北区内山下1-2-15 安原ビル1階
TEL086-224-3876
営10:00~20:00
休不定
Pあり
http://sourislaseine.jp/index.html
[PR]
# by nancafe | 2011-03-11 10:12 | 岡山市 | Comments(0)

岡山市南方にローブリークという素敵な花屋があります。私は部屋がさみしいなと思ったら、ここに切り花を買いにきます。ここには、ほかの店にはない色のラナンキュラスがあったり、苔もの、グリーン、多肉植物など、かわいくてセンスのよいものがそろうのです。お正月のお飾りだって一味違うものが店頭にならびます。


そのお花屋さんの隣にカフェがオープンしていたので、寄ってみました。

d0219992_1105742.jpg

店内はアンティークの家具が配され、まだオープンしたばかりの香りがしました。生チョコレートと紅茶をオーダー。ゆったりとした空気の流れる店内。まだ始まったばかりという新しい空気を感じさせるこのお店。忘れたころにまた訪れたいと思いました。


「emaru cafe(エマルカフェ)」

岡山市北区南方1-5-10 水田ビル1階
TEL086-226-5086
営10:00~17:00
休土・日曜、祝日
Pあり
[PR]
# by nancafe | 2011-03-10 11:02 | 岡山市 | Comments(0)

トマトが好きです。トマトジュースはもっと好き。東京に行ったら、一度行ってみたい店でした。だって、トマトの専門店ですよ。惹かれます。

d0219992_17422788.jpg

糖度10前後のフルーツトマト100パーセントのジュース。甘くて濃厚で、900円!おいしさは値段に比例します。

青学のすぐ近くですが、青学の学生さんはひんぱんに飲んでたりするのかぁ。学生というより、マダムの店でした。



「Celeb de Tomato 青山本店(セレブデトマト)」

東京都渋谷区渋谷2-2-2 青山ルカビル1階
TEL03-5766-3005
営11:00~22:00(OS21:00)
休なし
http://www.celeb-de-tomato.com/
[PR]
# by nancafe | 2011-03-09 17:42 | 東京都 | Comments(5)

クープ・デュ・モンド(お菓子の世界大会)リヨン大会で優勝し、そのあとも数々の受賞歴を持つ、ベルギーを代表するショコラティエのチョコレート専門店。テレビのバラエティ番組でも、芸能人おすすめのスウィーツショップとして、あげられることもしばしば。

そしていつか東京に行ったら食べようと思っていたのが、こちら「マルコリーニ チョコレート パフェ」。

d0219992_161023.jpg

バニラアイスとチョコレートアイスのうえに、オリジナルクーベルチュールで仕上げたチョコレートソースとクリームがトッピングされてある。いわずもがな、チョコレートは濃厚で、大人のためのパフェという感じ。やっと、食べにこれて感激です。

ちなみに、世界のマルコリーニショップのなかでも、カフェが併設されているのは日本だけだそう。



「ピエールマルコリーニ 銀座店」

東京都中央区銀座5-5-8
TEL03-5537-0015
営11:00~20:00(OS19:30) ※日曜、祝日は~19:00(OS18:30)
休なし
http://www.pierremarcolini.jp/
[PR]
# by nancafe | 2011-03-09 16:11 | 東京都 | Comments(0)

平日の午前10時15分、しかも雨。それなのに、お店の前には傘をさした人の列が。丸の内という場所柄か待っている人はおしゃれな長靴を履いている人が多かったのが、記憶に残る。

d0219992_15424845.jpg

そう、こちらは、フランスA.O.P.伝統発酵バター「エシレ」専門店。世界初のエシレバターの専門店なのです。バター以外にもバターを使ったお菓子やヴィエノワズリーが購入できます。

クロワッサンは特に人気で個数制限しております。そして、午前中には売り切れてしまう逸品です。このほか、マドレーヌにフィナンシェと散在して帰りました。


「エシレ・メゾン デュ ブール」

東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1階
TEL03-6269-9840
営10:00~20:00
休なし
http://www.kataoka.com/echire-shop.html
[PR]
# by nancafe | 2011-03-09 15:42 | 東京都 | Comments(0)