私にとって毎日の生活にはなくてはならないお茶の時間。お気に入りのカフェを紹介します。


by nancafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
玉野に「かごめ食堂」のようなカフェがオープンしたと聞いて、期待をつのらせ行ってみました。宇野港のすぐ近く。メインはお料理教室です。

d0219992_20123914.jpg

水色に塗られたカウンター、「かもめ食堂」みたい!

d0219992_20451653.jpg

お店の雰囲気をこわさないBGMも素敵です。

スウィーツメニューは、アップルパイ、チーズケーキ、スコーン、黒ゴマのシフォンケーキなどがそろいます。

d0219992_20454837.jpg

ちなみに私は、イチゴのロールケーキをオーダー。あっさりとした生クリームがたっぷりロールされていておいしいです。

カウンター横には、クッキーやビスコッティなど焼き菓子の販売もあり、ついつい手に取ってしまいます。

d0219992_20461724.jpg

ミニデコレーションケーキをみたてたお菓子。オーナーいわく、「結婚式やお誕生日のお祝いだけでなく、お見舞いのおもたせとしてもおすすめ」と。確かに、こんなかわいらしいお菓子をもらうと、少しでもハッピーな気分になれそうです。素敵。思わず、写真撮らせてください!とお願いしちゃいました。


フードコーディネーターでもあるオーナーは、昨秋、豊島美術館のカフェのメニュー作りにも携われたそうです。こんどはぜひランチもいただきたいな。


「casa al mare(カーザ アル マーレ)」

玉野市宇野1-12-7
TEL0863-33-3035
営11:30~19:00(OS18:30) 
※ランチは木曜、金曜、土曜のみ(限定15食)
休不定
Pあり
http://ameblo.jp/casa-al-mare/
# by nancafe | 2011-03-04 21:01 | 玉野市 | Comments(0)
自宅から近いということもあり、週に1回は訪れています。しかも、宮脇書店併設なので、本好きのわたしにとっては、うれしい立地にあるのです。ここは、「Always」や「INDUSTRY」と同じ系列のお店で、近くにある「INDUSTRY」で1000円以上パンを購入したらドリンクチケットがもらえるので、それで訪れるお客さんも結構います。

d0219992_11474673.jpg

まず、お会計は最初に済ませます。

d0219992_11482916.jpg

私がいつも注文するのは、「アーモンドカプチーノ」。たっぷり入って、じっくり読書が楽しめるサイズです。アーモンドシロップがカプチーノにすごくマッチしています。

d0219992_1149027.jpg

なんといっても、ウリはパンメニュー。「Always」同様、サンドウィッチのパンは4種から選択可能で、プラス30円で、ポテトとサラダが付きます。素材にも非常にこだわりがあり、本物のハモン・イベリコや、バロニア社のモッツァレラチーズなど、贅沢な食材が使われているのです。なので、ボリューム満点で美味しいのです。

d0219992_1149417.jpg

ライ麦からおこした酵母が、バゲットやカンパーニュ、チャバタといったベーシックなパンのまろやかな味を作りだしています。こんなブランチセットもあります。

ドリンク、フードともに、メニューひとつひとつにオーナーのこだわりがあり、いつ訪れても飲みたいコーヒーやジュースがあります。あ、ちなみにサンドウィッチ目当てのかたは、お腹をすかせていくことをすすめます。




「WITCHES(ウィッチーズ)」

総社市井手1049-1
TEL0866-31-7531
営10:00~22:00
休木曜
Pあり

More
# by nancafe | 2011-03-04 12:06 | 総社市 | Comments(0)

エテパルマ

サウダーヂ」の森山さんがプロデュースするビル、「ARROW&DEPERTMENT」。1階にはお花屋さんやカフェ「和三盆」、2階には雑貨店「ミスブロッコリ」やタイムズの姉妹店「アンサンブル」、「ニュートラル」など、岡山メイドなオシャレなお店がはいっております。

d0219992_10364148.jpg

そして、この「エテパルマ」も「サウダーヂな夜」の二号店ということでオープンしたのです。

d0219992_1249789.jpg

205号、2階一番奥のつきあたりにお店はあります。

d0219992_12513566.jpg

まちと人とのつながりを大切にするオーナーは、県内外問わず、ちょっぴり大人でセンスのある音を奏でるアーティストたちとも精通があります。畠山美由紀さんやASAちゃん、キセル、クラムボンなどがときどきライブをしにやってきます。名前も聞いたことのないアーティストでも、ハズレのなさそうなライブが楽しめそうなラインナップなのです。だから、店の外にはフライヤーがいっぱい。

d0219992_10453438.jpg

そして、辛いものが苦手な私でも食べられるカレーがここにはあるのです。さらさらのルーで、いっけんスープカレーのようですが、きちんとカレーです。辛みは少ないのに、しっかりスパイスは効いている。nanが唯一食べられるカレーです。だから、ここに来たら必ずカレーを注文。それから、出西窯や湯町窯などの民藝の器ででてくるのも好印象。ガラスコップも硝子作家の石川さんのものです

d0219992_1252614.jpg

さらに、メニュー表は倉敷檀通

d0219992_1047358.jpg

ひとりでゆっくりお茶するときは、浅煎りのブレンドコーヒーを注文。いっしょに出てくる、シュガーナッツもひそかに好きなんです。

アンティークの椅子やソファが配されていて、雑誌を読んだり、手帳を書いたり、自分の時間が楽しめます。休日の混み合う問屋町でも、なぜか落ち着くカフェなのです。




「エテパルマ」

岡山市北区問屋町12-101 ARROW&DEPERTMENT 205号
TEL086-243-8233
営11:30~23:00(OS22:30)、日曜日・連休最終日は~22:00(OS21:30)
休なし
Pあり
http://www.saudade-ent.com/etepalma/index.html

More
# by nancafe | 2011-03-04 10:54 | 岡山市 | Comments(0)
今や、問屋町のランドマーク的存在のカフェ。夜遅くても、行くところがなかったら、とりあえず「maimai」に行こうかという流れになる人も多いはず。

d0219992_9192957.jpg

私も仕事帰りにほぼ毎日寄り、持ち帰った仕事をここでやったり、あるときは同僚と待ち合わせて愚痴をこぼしたり、フレッシュジュースで栄養補給したり、思い出深いカフェなのです。

d0219992_9392420.jpg

そのふれっしゅじゅーすというのが、こちらのキウイジュース。キウイの甘さと酸味で、即効エネルギーチャージです。

d0219992_9464954.jpg

それからこちら、「maimai」の自家製プリン。どこの卵を使ってるだとか、全然わからないけれど、食感といい、甘さといい、すごくバランスがよく、すごく好きなのです。私が入院しているとき、父がたまたまここのプリンを買ってきて、食べてみるとびっくり、大ヒット!退院してから、もう一度そのおいしさは確かなものかためしてみたら、変わらずおいしく、nanの大好きスウィーツ殿堂入りです(笑)。

d0219992_9493487.jpg

基本的にカフェでごはんものを食べることはないのですが、その日はヘルシーな気分だったので、食べてみました。週替わりなので、カフェごはん好きな人にはうれしい内容でした。


ちなみに、不定期でオシャミュージシャンによるライブも行われていて、わたしも大好きなアーティストがきたときは夜な夜な足を運んでいました。今はなき「マイスティース」に花束を渡したのは、ちょっと恥ずかしいけど貴重な思い出になりました。

「cafe.the market maimai(マイマイ)」

岡山市問屋町14-101 K'sテラス1階
TEL086-241-3141
営8:00~AM1:00(OS24:00)
休第一火曜
Pあり
http://www.themarket.co.jp/maimai/index.html
# by nancafe | 2011-03-03 14:14 | 岡山市 | Comments(0)

cifa-cafe

岡山県立美術館、天神文化プラザ、上ノ町会館などが集う、岡山のカルチャーゾーンでもある石関町エリア。その地に、デザイン事務所兼でもあるギャラリーカフェ「cifa-cafe」がある。

d0219992_2355441.jpg

今回紹介するのは、2010年11月30日から12月12日まで行われた「雑誌展」に訪れたときの内容。

この企画は、玉野市にあるオシャレなセレクト本屋さん451BOOKS」さんとの共同で行ったもの。カフェの空間を、いろんな人が手放した雑誌で埋めつくされていました。ちなみに、このたくさんの雑誌のなかから、気に入ったものを購入することもできます。雑誌好きにとっては、たまらん企画です。

d0219992_23562380.jpg

と、このようなセンスのよい企画が行われているのです。

d0219992_2357032.jpg

そして、この日飲んだのが、こちらも期間限定「ホットチョコ」。濃いチョコの原液に温かいミルクを注いでいただきます。冷えた体と心をあっためてくれます。

d0219992_23575653.jpg

オシャレで若手のアーティストさんがよく作品の発表をしています。ちなみに私がはじめてここにきた展示は西淑さんのイラスト展でした。今も好きです。何か新しい発見があるはずです。



「cifa-cafe(シファカフェ)」

岡山市北区石関町1-10 A.Y.M3階
TEL086-236-0165
営11:00~18:30
休水曜
Pなし
http://cifa-cafe.cifaka.jp/
# by nancafe | 2011-03-02 23:58 | 岡山市 | Comments(0)

珈琲館 モカ

総社市民からはひそかに人気のある喫茶店「モカ」。

d0219992_19424080.jpg

レンガ造りの洋館風な建物が、レトロな気分にさせてくれます。ドアを開けると、珈琲の心地よい香りが。さらに、アンティーク調の家具が配された店内、落ち着きます。

d0219992_1943919.jpg

喫茶店の定番のホットケーキには、サクランボがちょこんと付いてきます。二枚重ねのホットケーキは、おうちでお母さんが焼くような、昔ながらの味わいです。


ちなみにここ、カフェ使い以外にランチ使いもおすすめで、特に「豚の生姜焼き定食」は、訪れた人ほとんどが注文します。生姜がたっぷり浸み込んだ豚肉が、鉄板の上にのっかって、ジュージューと音をたてて運ばれてきます。しっかり味付けされているので、ご飯もススムススム。


おじちゃん、おばちゃんたちの憩いの喫茶店。気を使わないで、くつろげます。



「珈琲館 モカ」

総社市中央2-5-17
TEL0866-93-2959
営8:00~19:00(OS18:30)
休月曜
Pあり
# by nancafe | 2011-03-02 19:43 | 総社市 | Comments(0)

珈琲と人①

昔は「かぐらや」という民宿だったこの場所。

d0219992_1971772.jpg

『珈琲と人』という名のカフェとして、趣深い建物の雰囲気は残して、生まれ変わりました。総社では人気のある国民宿舎「サンロード吉備路」ほど近く、温泉帰りに立ち寄ったり、吉備路をサイクリングがてら小休憩できたり、なにかと使える場所なのです。

d0219992_1982369.jpg

ちなみに2階のギャラリーでは不定期で、作家さんの展示や、手作り雑貨のプチレッスンなど、なにやらいろいろ行われています。

d0219992_199444.jpg

私がいつも座るのは、「451BOOKS」の本たちが近くにそろう、テーブル席なのですが、

d0219992_1994865.jpg

庭を眺められるお座敷もおすすめです。特に縁側の席、ぜひ一度座ってもらいたいものです。

そして、私が必ずといっていいほど毎回注文するのが、カフェオレ。

d0219992_19103497.jpg

淹れたての濃いめのコーヒーとミルクを使って、目の前でミックスしてくれるのです。

d0219992_19114818.jpg

この行程を見るのがいつも楽しみなんです。

d0219992_19143339.jpg

最後に残りのミルクをくるっとする感じが好きです。

d0219992_19151174.jpg

出来上がり。濃いめのカフェオレにいつもプラスしてだしてくれる、小菓子もうれしい心意気。このカフェオレといっしょに好きな本を読むのがこちらでの楽しみ方。もちろん、友人とのおしゃべりにだって使えます。オーナー夫妻も感じよくて、大好きです。

d0219992_1920813.jpg

一度訪れた人は、ご存知かと思いますが、このレゴくんがここの注文伝票。このアイデア、ステキです。はじめてみたとき、おおっと思いました(笑)。


「珈琲と人」


総社市三須796
TEL08669-92-2300
営11:00~21:00(OS20:00)
休水曜
Pあり
http://blog.goo.ne.jp/coffee-to-hito

More
# by nancafe | 2011-02-28 19:27 | 総社市 | Comments(4)

umie(香川県高松市)

香川県高松港近く、北浜alleyのなかにある海にほど近いカフェ。

d0219992_17571415.jpg

2階ということもあり、高松港に入港する船や少し向こうにはコンビナートや造船場も見え、工場萌えな女子にはプチ萌え、

d0219992_1758184.jpg

そして、海を眺めているとノスタルジックな気分になれます。

アンティークの家具や廃材をいかした店内には、オシャレミュージックのBGMがお似合いで、アーティストが訪れてライブなんかもあったり。オシャカフェです。かつ、雑多な感じもどこか落ち着く。

d0219992_1824343.jpg

そんな空間で、ふわふわであたたかい豆腐ドーナツと

d0219992_1833839.jpg

カフェラテなんていかが?



「umie(うみえ)」

香川県高松市北浜町3-2 北浜alley内
TEL087-811-7455
営11;00~24:00(OS23;30) ※土・日曜は10:00~ 
※日曜、祝日は~21:00 ※祝前日は~24:00
休不定
Pあり
http://www.umie.info/index.htm
# by nancafe | 2011-02-28 18:03 | 香川県 | Comments(0)
「シューレ」とは、「学校」や「学び」を意味することば。こちら、奈良の秋篠にある「くるみの木」のオーナー、石村由起子さんがプロデュースするお店。「くるみの木」は一度訪れてみたいと思っていたので、香川のオープンに期待しておりました。

d0219992_17173921.jpg

店内では、カフェ、ギャラリー、生活雑貨、工芸品、食品など、さまざまなテーマを持ったゾーンに分かれ、セレクトされた商品が提案されています。

香川をはじめ、特産品や民藝、魅力的なものが点在しています。マルキン醤油のキャンディや、小豆島のヤマロクの醤油、オリーブオイル、フリーズドライの讃岐うどん、くるみの木のジャム、ほかにも、天日塩やいりこだしなど、地元素材がそろいます。

食器も出西窯のもの、柳宗理のヤカンやカトラリーなど、こだわりのものがそい、ちなみに私は、イイホシユミコの器をお買い上げしました。釉薬の色味が特徴的です。


もちろん、カフェもナチュラル。フードは地元素材にこだわった、「けんちんカレー」や「お味噌汁かけごはん」数種そろいます。

ケーキはというと、

d0219992_17184227.jpg

大きなブルーベリーがポンとのった、「レアチーズケーキ」。やさしい味です。

d0219992_17192393.jpg

それから、木苺がアクセントになった「チョコレートケーキ」。ブラウニーのような素朴さでした。


店内奥には、鳥かごのなかに一羽トリちゃんがいて、BGMかのようにピピッと鳴いておりました。そんな、天然生活女子が好きそうなカフェです。


「まちのシューレ 963」

香川県高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2階
TEL087-800-7888
営11:00~20:00
休不定
Pなし
http://www.schule.jp/
# by nancafe | 2011-02-28 17:24 | 香川県 | Comments(0)

cafe de 紅緒(べにお)

高梁市の昔ながらの町並みのなかに、違和感なく存在するカフェ。

d0219992_11365352.jpg

築100年以上の町家を改造しているのでそれも納得。


店内には、重厚感のあるテーブルに、アンティーク調のイス、大正時代に作られたという吹きガラス製の窓にもどこか懐かしさを感じる。一方、奥にはお庭を眺められるお座敷席もあるので、こちらでくつろぐのもよさそう。

d0219992_11375898.jpg

今日はとても暑かったので、アイスコーヒーをオーダー。のども潤ったということで、近くの和菓子屋「あおやぎ」さんへ生どら焼きでも買いにいこうかなぁ。


「cafe de 紅緒(べにお)」
高梁市南町43
TEL0866-22-1205
営10:00~17:00
休最終土曜、日曜、不定祝日
Pあり
# by nancafe | 2011-02-25 11:38 | 高梁市 | Comments(0)